日暮里に美味しいモンブランを食べれるところあると聞いて、この日は日暮里の谷中銀座商店街へ。

商店街なので地元の人ばかりかと思ったら、観光客が多くてびっくり。
お店も観光客向けのお店が多く、ポツポツと地元相手のお店があり、混沌とした感じでした。
駅を出ると商店街に向かう一本道。突き当たりまでは距離にして一キロも無い距離ですが、なぜこれほど観光客が足を運ぶかは謎。
やはり、昔ながらの商店街だからでしょうか。
新しい流れに乗らず、維持して残すのはかなり難しいですが、変わらずに維持した結果他では味わえない雰囲気が残ったのかも。
それがある時些細なきっかけで人を呼んだのかな。


商店街入り口。
外国人も多いです。
IMG_2036


今日の目的のお店。
和栗やです。
ついたのは12時半前ですが、店の幅を超えるほど並んでました。隣の店の迷惑にならないよう折り返していたほどでした。
お店に入れたのは一時間後でした。
IMG_2039


商店街を歩く観光客の食べこぼし狙いか、並んで待っていると足元をテコテコ歩き回る鳩。
人慣れしているようで自由に振舞っておりました。
IMG_2038






これはモンブランデゼル。
モンブランの中には栗を使ったクリームがたっぷり。
栗だけの甘さなので、良い意味で甘さを求めて美味しく食べれます。
そこにほうじ茶で、口の中の甘さをリセットすると再び口の中を栗の風味で満たされるので、最後まで美味しいです。
悪い言い方をするならば、加糖していない分、甘みは控えめ。スーパーやケーキ屋で食べる甘みのしっかりしたモンブランを期待している人には物足りないかも。
IMG_2040

こちら、和栗とモンブランデゼルのセット。
デゼルは半分くらいのサイズなので物足りないと思いきや、栗がストレートな風味と甘みを味わさせてくれるので、これまた美味い。
IMG_2042



モンブランパフェ。
クリームの中には栗も入っていて最後まで栗を味わえました。バナナも入っていたような気がするけど、バナナかはわかりません。そのくらい栗の風味を邪魔しないんですが、食感があり楽しめた。
二つ付いている、サクッとした食感のお菓子?はデゼルのクリームに入っていました。サクッとした食感で栗の味の邪魔しない甘みのないそっけないものですが、クリームの中でサクッとした食感がなんとも言えず、ありな感じです笑。
IMG_2043


ケーキ屋にあるモンブランのように、ケーキの部分やタルト生地は一切なく、そして甘みを加えていないのである意味物足りないと感じる人もいると思いますが、形を変えた栗が最初の一口から最後の一口まで味わえるこのお店のモンブランは、純粋な栗とモンブランを楽しむには最高かな。