玄関を開けると強い日差しが外出意欲をそぎ落とすが、少し歩いた豊洲方面にある100円ショップにむかう予定だ。
ついでに毎朝の日課であるゴミを出す。
ごみ収集場所は中庭にあり、大きなポリバケツが二列、合計12個並んでいる。
夏の朝はバケツのふたを開けると、思わず顔わやしかめてしまうくらいに生ゴミが腐敗した臭いが鼻を通るので、この時期のゴミ捨てはたまに嫌になる。






この日はエレベーターに向かう通路でそんな臭いがした。






私が持つゴミなのか?そんなわけないか。
収集場から来てるのか?それもないと思う。
それ以外の最悪の事態?、、、まさかね、、、
と色々思うがエレベーターに乗り一階に着く頃には思考は買い物に切り替わっていた。



ダイソー、成城石井、ツタヤ、キャンドゥ、東武ストアと周り1時間以上経過。
帰宅する頃には匂いのことは忘れていたがエレベーター降りるとより重く濃くなった、異臭が鼻を通る。
すでに我慢できないくらいの匂いに片手に持った荷物を持ったままエレベーターの扉を閉めて一階にある管理人室へ向かう。
管理人室にはいつもの気弱そうなメガネの管理人とは違い険しい顔のサラリーマン風の人物がいた。
いつもと違う事態にいつもと違う管理人か、、、
すでに事態は把握済みかと思いつつ、管理人に話すと、想定内のリアクション。
二つ下の階で人が亡くなったらしい。
現場検証の最中とか。 

頭のどこかで家具していたけど否定もしていた。しかしそれが人の腐敗臭となると辛い。
玄関までの通路が苦痛でした。
幸いにうちの玄関は通路外なので、部屋には匂いは入ってきてない。家に入るときていた服は全て脱いで洗濯。

部屋に戻り1時間ほど経過後、通路にはタンスに入れる昔の防腐剤の臭いが充満しており、あの異臭はなくなっていたが、ゴミを捨てるたびにこの日のことを思い出しています。