ずいぶん前の記事でONKYOのD102AXのエッジ交換をしたけど
後日にジジジというか妙なノイズが出始めた。
これが失敗てやつだ(笑

しかし何故にこのような音がどこからでているかさっぱり分からん。
うーん?と首をかしげながらコーンを押す。
お?なにやら引っかかりが(笑



どうやらコーンのセンターがスピーカーの磁石部分というか後方に
ある部品と接触しているのが原因。
後日分かった事ですが、センター出しというのが上手くいっていないらしい。
しかたないので、再び分解。
この時だ。
ボンドで接着した部分は簡単に外れたのですがスーパーXの
ゴムをきれいにとるのに苦労しました。
簡単に外れた事は外れましたが、ゴムを除去するのが大変だったです。
ということで、やり直しを考えると総合的にボンドが私には向いているかもしれない。


で、センター出しはコーンを天井に向けてうーはーの中心をぽんぽんたたいて
エッジが自然な位置に落ち着くのを利用してこれをセンター出しとしてみました。
結果上手く行ったようで無事修理は完了。


新品ゴムになったエッジが良く動いてくれるからか、低音の鳴りの変わりようにはビックリしました。
いわゆるナチュラルな音では無い気はしますが、それでも自分の手で
修理した結果、見違えてくれるとなんかうれしいものです。