A917Fを水洗いしました。

接点回復剤を用いた結果、セレクターの誤動作は解消。

しかし前回同様半年〜1年ほどで再発の見込み。
ボリューム右のツマミをダイレクトにすると音が出ない問題は継続中(笑

ダイレクトにすると右SPから音がでないので、ダイレクト以外の位置で暫定的に聴いてました。





うーん、なんとか治らんかなとツマミをぐるぐる回してる時に気が付いた。
右SPからノイズが・・・・
電気の事わからないおバカな私ですが、大きな音が出る時ほどノイズが大きくなる。

これは接点云々の問題ではなく、寿命なのかと落ち込む。
しかし、距離を置くとノイズは気にならない。

このまま我慢するか?と思いましたが、水洗いすることに。





悩んだけど、壊れてもいいやといか常時ノイズ出ている時点で終わってるという話もありますが。
壊れてもいいやという前提で分解。


今回は徹底的に分解。
サイド、上下パネルはもちろん。
フロントパネルとその内側固定のネジを全て外して内側パネルも取り外す。
フロントスイッチ類についてはセレクターやボリュームの基盤だけの状態になりました。



本体側へは水がかからないように、ごみ袋で2重にガード。
ノイズの原因はどこなのかわからないのですが、まずは端子部分にシャワー。

その後マジックリンしてシャワー。

フロント部分の基盤を中心に、とくにセレクターの装置あたりを重点的に汚れおとしました。

シャワー後はドライヤーで乾かして、その後扇風機の風を最大にして放置。
一週間後組立直しました。



ドキドキの通電。
カチっという音とともに正常にスタンバイ状態に!

おお?と思い電源ON。
正常に動くー。

心なしか各ツマミも軽く回るようになった感じ。
汚れが落ちたからだろうか。


SP接続して音楽を流すと、ダイレクトモードでも問題なく聴けるようになった。
おお!と感動していると、右SPからのノイズが続いている事に気が付く。



やはりこのノイズは本体基盤側の汚れか、何かの部品の故障でしょうか。
本体側の水洗いはさすがにやりたくないので、もったいないですがA917Fは引退をすることに。



いままでありがとうという思いとかけ離れたにこやかな顔で速攻YAHOOショッピングサイトでアンプ買ったのでありました(笑