先日コメントいただいたのでTAF設定してみました。

以前から話は知っていたのですが、たいしてかわらんでしょーという思い込みから放置。

このたびいただいた、見方によってはツンデレなコメントに触発されTAF設定をON。

か・・・・快適だw

偶然かもしれませんが、ボスのドロップ率は相当上昇。

色々と買い物して手持ちアデナはついに200Kと言う、は?な状態でしたがTAF設定

後に50Mほどまで上昇。



で、TAF設定ってなんぞ?と思い調べてみました。

すると、通常の通信要件として200msのバッファを持たせているようです。

リネでいうと、いくら連打しようともPCとサーバとの通信が200ms単位なので

それ以上の効果は得られないみたいですね。

TAF設定というのは、その200msのバッファを無効にするようでした。


200msのバッファはなぜ設定しているんだろうと調べましたがどーでもいいので調べず。

おそらくADSLやそれ以前の通信インフラ時代にネットワークのトラフィック高負荷を

防止させるための措置だったかもしれませんね。

いまの状況では必要性は低くなったと思いますが、通常のインターネット利用では200msの

バッファは意識する必要ないので、その設定がデフォルトで有効になっているのかな?と勝手に

妄想。




ちなみにTAF設定はいいことばかりではないようです。

インターネット上の通信はパケットロストは日常茶飯事。

パケットロスしてタイムアウトで切断はネトゲでは致命的ですがTAF設定はこの切断数を増やしそうです。

TAF設定をすると200msの規制が解除されるので、PCとサーバ間の通信回数は当然増えます。

通信品質は100%ではないので、通信回数が増えればそれだけパケットロストの回数は増加。

自然と切断数(率)も増えるのでは?なんて思ってしまう。

現に、設定変更後1度切断しています。

利用料金滞納以外での切断はいつ以来かて感じなので、TAF設定の影響では?と言う思いはぬぐえず。

とはいえ、この快適さは一度やったらやめられないわけで。