ずいぶん前に残業成金で調子に乗って買ったアンプONKYO A917F。
数年前からセレクターが勝手に切り替わると言うオカルト事象が目立つ。
接点回復剤とか買って、知識もないままにいじったりするも根治しなかったので
あきらめており、今年の廃棄物予定リストに上がってました。





最近スマホで音楽を再生して聴いていたので、リビングに手軽なアンプがほしいなと思い始める。
ネットショッピングを見てクリック寸前まで行ったんですが、最後にもう一度だめもとで
A917Fをいじって故障が改善するか試してみようと思い立つ。


押入れにしまっていたアンプを出す必要があったんだけど、やたら思いアンプなので
腰をいたわりつつどうにか出すことができた。
さらに幸いにもダイソーで購入したハケのような小道具があり、基盤部分のホコリを除きつつ
掃除機で吸い取る。そんなことをしながらセレクターをガチャガチャいじってると
セレクターが勝手に動くにはそれなりの条件のようなものがありそうな感じ。

いろいろ触っていたら、セレクター部分を前面から強く押すと切り替わりやすいようだ。
アンプを手でたたくなど振動を与えるとセレクターが誤作動する。
つーことは、変なところで接触してしまいそれが誤動作につながっているのかな?
接触を解消させるには、各部のねじの締め方を少々ゆるいほうがいいのかなと思う。
そんなわけでフロントパネルのねじをすべて緩めて、少しゆとりを
持たせるようにして組みなおしたら、直ったような気がする、たぶん。






基盤のホコリ除去か、ねじの締め方をゆるくしたのが良かった・・・・
たぶんホコリだろうなー
もう少し分解して、手の届いていない部分のホコリもどうにかしたいけど、元に戻せる自信が
ないので、あきらめました。
今回ダメなら、夏の炎天下シーズンで水洗いしようと思っていて、それで壊れたらあきらめよう
と思っていたので、良かった。






ついでにリモコンも分解して、中を掃除。
相当ホコリがつまっていたり、こぼしたジュースだろうか、それが固まって汚れとなっていた。
基盤部分も掃除して、リモコン操作もソフトタッチで反応するようになり、快適。



ということで、リビングでも音楽が流れる生活が始まりました。
アンプとスピーカーのみの組み合わせというかつてないシンプル構成ですが、これも
時代の流れか。高音質が好すきでデジタル音源を求めてMDやDATと買った頃があったけど
わずか10年ほどで片手に収まる時代が来るとはね。
今思うとDAT、MDは無駄な買い物したなーとw
その思いの積み重ねが物欲減少につながっている今日この頃。


セッティングは床に直置き・・・といっても、スピーカー底には耐震ゴムはかましています。
スピーカーはもう少し高い位置に置きたいんだけど、リビング自体の用途と家具の配置が
少々違和感あるのでとりあえず仮置き。
贅沢言うとボードあたりほしいけど、過去の横と縦タイプの両方買いましたが
結局どちらも邪魔な存在となり廃棄しているので、このままの状態になりそうな予感。

電源コードや地デジアンテナケーブルが目立つので、壁に貼り付ける予定。
今週末もダイソーにいかねば。

A917F