少し前からドラゴンズプロフェットをやって、今更ながらに3Dゲームに興味をもちました。
というか、他のタイトルってどうなんだ?と気になった。

身近なところからAIONの公式を見るとおー
なんだ、ゲームのシステムは似たような感じなんだな。

結局やることは一緒って感じなんで、ちんたらドラゴンズプロフェットを遊んでようかな。
要領がわかるといろいろ面倒に思うところがあるけど、こっちは無課金にてっして不便を楽しもうと思ってる。
2013年6月サービスインらしいけど、ほとんど無人なのもいい。
おそらくリネでいうところの初心者ゾーンにいる感じなので、無人なのも納得できる気はするけどね。





あ、そうだそうだ。
先週くらいの日記でゲームタイトルが出てこなかったやつは思い出した。
ブルーティアーズだ。
あれは2Dでクエストこなしてキャラ育成しつつゲームを進行させるのが中心だった。
そのてんはドラゴンズプロフェットと全く同じ。
武器防具もノーマルは白表示、レア度が上がるにつれて緑→青と変わる点もドラゴンズプロフェットも同じだったので、おそらく他のタイトルも同じなんかね。

よーするに、見た目が違う程度ということ。
あと3Dタイトルに詳しくない私はSSを見ただけでは違いがわかりにくいところも、ひょっとして開発ツールなんかがあったりしてw
見た目とシステムが同じ感じとなると、なんか3Dゲームが短命な理由も納得。
じゃーユーザーは何を基準に選択し残るかを考えると人が多いタイトルになるのかな。

となると、力の弱い他各社の生き残りは新しいタイトルを次々投入して人を呼び込み、一部のヘビーユーザーで売り上げを上げる。コストと売り上げのバランスが崩れたら、ポータル的な運営会社へ譲渡。
そこではサポートを集約しているから、運営側のコスト増は最小限に抑えられるから、あとは細々とサービス継続。
ラストは経験地10倍などのお祭り的打ち上げ花火を投じて終了か・・・・



今日の動画。
DEとしてとても恥ずかしい動画になってます。