全く興味ありませんでしたが、やってみない?とお誘いを受けてやって見たら・・・・
リネ以外のオンラインRPGはやったこと無いので何ともいえませんが、リネとは全く違った仕様が新鮮。V


見た目
キャラは二頭身で、かわいいアニメ系。この見た目には個人的には否定的意見がおおいです。
町は最近の他ゲーでも良くある感じのアニメ調。
ダンジョンは左右移動と上下移動もあるので落ちたらあかんというスリルはある。
着地点の座標を見誤って落ちたり、操作ミスで落ちることも・・・・・・落ちても死ぬことは無いが、大抵モンス沸き場のトラップだったりするw
チャット欄は見えにくいというか無いに等しい。でも見て無くても何とかなる。


標準操作
マウス操作はほぼなし。移動は矢印キーで行う。
DL中に2PCを考えていたので、打ち崩された・・・・


戦闘操作
標準操作にアルファベットキーがショートカットとなっており、スキル発動、アイテムを使う。
右手で移動、左手でアクションなのでゲーセンの操作とは真逆で全くなれずパニクってます。


世界観
街中は、他のタイトルでもよくある風景で、素人目にはどのゲームなのか区別つかないような雰囲気に思えた。
ストーリーははじめたばかりでよく分からないというか、ストーリーなども良く見ないではじめたから分かっていない。


職業
今のところ戦士と弓をやっただけなので、なにがいいとかは分からない。
ただ、全職において全てが攻撃特化職で回復系職が無い。


戦闘
比較対象がどうしてもリネになってしまいますが、どの戦闘シーンでも戦略(スキル使用)が求められる。
いわゆるクリックゲーとは違い、なれない人は疲労の元。好きな人には心地良い。
爽快感がある。
例えば、画面内に10ほど沸いたモンスに突っ込んでスキル発動しなぎ倒す。
弓職はシューティング要素もある。
ボスは完全独立進行式なので、PTメンバ以外の第三者と遭遇することは無い。


育成面
クエストが抱負で一度しかできないクエストや、反復してできるクエストがあり、こなしているとキャラは育つ(LVは上がる)。
リネのように、得られるものが「すずめの涙」と言うわけではなく、やれば満足できるEXPが得られるのでストレスが無い。
また、ビンゴがあり、マス目を選んで出た指示をクエストとして進行もできるので、目的を失うことが無い。
欲張る過ぎるとクエストが豊富すぎて、なんのクエストをしてるんだかわけ分からなくなる・・・・


武器、防具
サービスが始まったばかりだからか、種類は殆ど無い。
でも、スキルを覚えていくことで格段に戦闘を有利に運べるので、ストレスは無い。


OE
鍛冶屋的NPCに代金を払ってできる。
+1〜+2まではミス無く行くこともあり、この強化数では武器の消失は無い
+3にするのに数回リトライを要することもあるが、費用は安いため貧乏になることは無い。
+4はそこそこリトライで成功。まれに+3に戻るが、殆どの場合は+4を維持するのでリトライ重ねれば+4まではいける。
+5はそこそこ費用も高くなるので、何が何でもする必要は無いというか、余裕があればすればいい。
+6挑戦したことはないです。この辺から消失があるらしい。
リネと比較すると費用は1/10以下ほどのレベルなので、低いLVからでも楽しめる要素となっていて良い感じ。


他ユーザーとの接点
PTの募集はほぼ皆無というか、チャット欄が見えにくいので気が付いてないだけかもしれない。
狩りでは画面上の視界が狭いので、いわゆるシーフ的な場面が多いが、雑魚は直ぐわくので個人的には気にならない。
むしろ直ぐ沸きすぎで休む暇が無い。トイレ休憩はログアウト、町へ戻るなど必須w
ギルド(リネで言うクラン)があり、募集は多いが、今の段階(LV25)では必要性は低い。


その他
クエストを選択することで、要のNPCやエリアまで道案内の矢印がでる。
わけ分かっていない状況ではじめても何とかなる。
序盤はクエスト進行していくことでゲームの仕様、仕組みが分かるようになっている。
ポットゲーム。職種にヒーラー的存在が無いと思うので、ポット依存だが重量の概念が無いのでストレスにはならない。
戦闘は突っ込んでざくざく切る、ヒットアンドウェイ、ちくちく打つなどスキルがあるっぽいので、性格にあった戦略が可能。
PTは4人までだが、今のところ(LV25程度)は単独行動でこなせるクエスト、ボスが中心。
チャットする際にエンターを押す必要があるのが、若干面倒。
全茶は静か。





見た目でこの系統のゲームは家庭用、オンライン含めて初めてやったわけですが、嫌悪感を上回る爽快感と、次はなにかな?というワクワク感が上回り面白い。
とりあえず、年末年始はどっぷり遊んでみようとおもっている。