画面の表示範囲が広がってから、画面沸きするのが当たり前な状況です。
ところが、2回ほどハロウィンイベントのマップに行ってますが、ここでは画面沸きしていないような・・・・?
ということは、今後追加されるマップは画面沸きしないのかな?なんて思うけど、既存マップは放置されるんだろうなという思いもあったりする。どちらにせよ、なんとか狩りはできるので、どっちでも良い気もします。


拡張されたエリアで沸いたモンスはプレイヤーの認識もしない場合があるのか、たまにPCを気にせずウロウロしている事もありますよね。そんなKVと先日遭遇しました。
KVは無灯なので、かなり背景と溶け込んでて分かりませんでしたが通り過ぎる前に、あれなんだ?とw

そのばで処理してサモコンとBDAIをいただきました。

その前の話ですが、90Fをウロウロと狩りしてたらリッチが画面沸きした事もw
一瞬あわあわとしましたが、画面沸きの仕様というかバグなのか、タゲを認識しなかったので特に問題なく処理できました。



画面沸きしてデメリットが目立つなか、視界が広がった事がメリットなのかな?と感じたのが100F。
先日いつもの面子で100Fへ行ったんですが、なんかいつもより危なげ無く終わったんです。沸きが偏ってなかったって理由も一つにあるかとおもうんですが、それにしても・・・・・と不思議にかんじました。
よくよく考えて見ると、モンス側の 攻撃範囲というか射程距離がかわっていないので、精霊が画面に見えてから攻撃を受けるまでに2〜3セル移動する余裕ができたので、対処がとりやすくなった気がするんですが、どうですかね。
特に私の場合は2PCなんで、スローを入れる時間的余裕ができたのが非常にありがたいです。
以前から90Fより100Fの方が狩りは楽。ただしリスクは高い(帰還不可)と感じてたのが、さらにそう思えるようになりました。