なんか、本当にツーリングしたくなって久しぶりに地図なんかを広げて見てみた。

東名川崎ICから静岡まで行って、そこから北上して北だか南だかのアルプスを山道通って超えて

長野に出る道があったんだけど、無性に通って見たくなった。

広げて見たのはIPADの地図なので、慣れてないためか全く距離感が分からず、一日で超えることが

出来るかもわからないし、なんか通行止めっぽい印もあって、通過できるのかなと不安もあるけど、無性に

うずうずして走ってみたくなってきた。


とはいえ、いきなり山越えルートはロングツーリングのブランクがあるので危ないというか、途中で気分的に萎える

可能性もあるので、先ずは関東圏内で1〜2泊のツーリングを数回こなしてからがいいのかな?なんて

思う。

一番の不安はIPADでの距離感がつかめないところ。

縮尺変更が容易なので、現在時刻と位置からどこら辺までは行けるって感覚が全く沸いてこない。

これって無計画なツーリングには致命的な不安要素なので、やっぱり紙地図は必須な気がする。

近場で寝床になりそうな、ちょっとした公園なんかを探す際はIPADは重宝しそうだけど、山中などの圏外エリア

だったら悲惨だしなー・・・・

とはいえ、そういう不安要素もツーリングを楽しくする要素でもある。

明かりが全く無い山の中を走ってるときのあの不安。地図を何度も見直して、いまたぶんここら辺走ってる

はずだけどなーと、不安げになる状況。

そして、山を抜けて町の明かりが見えたときの安堵。


ちょっとした快感ですw