以前、日経BP社のナショナルジオグラフィックを定期購読しておりました。
雑誌の内容は世界の政治・経済・戦争・文化・宗教・歴史・科学等等に目を当てた様々な記事が書かれてあります。 個人的には宇宙とか進化の何たらって話には興味あったので、そういう記事は読んでましたが、それ以外の 記事にはあまり目はおかず。

そもそも、なんでそんな雑誌を購読していたのかというと、仕事の都合で創刊時のプロジェクトチームだったので、 半強制的に申し込んだわけですがw
案の定毎月読むわけでもなく、袋から空けずに放置のままだったりという状態なのが多かったです。 とはいえ、捨てたりはせず幾度の引越しを経過してもしばらくは購読つづけてました。
最近度重なった引越しで処分してしまおうかと思ったのですが、なんとなくもったいないと思い ダンボールにつめたままの状態だったのですが、先日何気に読むと面白い。

毎月送られていた当時は、比較的新しい記事だったので「そーか、世界ではいろいろな事が起こっているんだな」なんて 思うくらいでしたが、今読むとちょっとした歴史ちっくで面白い。
そういえばこの国は、このあと内戦が終結して〜とか、この国はこんな国だったのか〜とか色々と新発見というか、 これまでは点と点で存在した何かが結び合って線になるかんじ。。。。。わかるかなー・・・・・

あと広告とかも面白い。
1997年に発刊された号のノートPCとか見ると、すんごい低スペックで「最上」とか書かれていると、わずか15年で すごい進歩だなと感動すら覚える。
同じように、今現在で実用新案的な商品等が10年15年後はどうなってるだろうと思うと、なんか楽しいですw
一番気になるのがエコの自家発電とかかな。
今はまだ普及率、発電量などは低いですが15年後どうなっているか楽しみです。


何はともあれ、ナショナルジオグラフィックは再度購読開始しようかななんて思ったりもする。