最近雑誌とか全く買ってません。
一時期はバイク雑誌や漫画週刊誌など購入してましたが、今ではさっぱり。
漫画は全て破棄しましたが、雑誌は捨てずに置いてました。
最近、食事中なんか読みたいなと思い、引越しでダンボールにしまいこんだままの 雑誌「ナショナルジオグラフィック」を引き出してきました。

この雑誌は世界の自然、歴史、宗教、戦争、生活など様々な記事を書いてあります。
たまたま雑誌の創刊に携わったので、半ば強制的に購読者となったわけですが、好みの記事しか 読まない私なので、中には封が切られてない状態のままの号もあったりと。
好みの記事は宇宙やら恐竜、自然がテーマの記事なのですが、あまり無かったですねw


そんな雑誌を手にとって、久しぶりに読んでみた。
発行号は1997年とか、いきなり古いのーと思ったけど、意外と楽しく読めました。

不思議な感じしたのは、当時は世界情勢として昨今の問題を記事にした内容ですが、10年以上経過すると ちょっとした歴史風味な感じがあり、あの当時はそうだったのかとか、このあとどうなってんだろうなと 随分と視点が変わって読むことが出来たので、購読続けてれば良かったなと後悔。


10年以上たってるので、今更感は否めませんが、じっくりゆっくり読んで行こうと思ったって話でした。