21日〜22日と一泊で会津方面にツーリング行ってきました。
ツーレポははこちら。

んで、帰路途中に那須を通ったんだが、あれ?と思う風景が目に入った。
「戦争博物館」って感じの看板が目に入って、次に屋根下に本物っぽいゼロ戦が展示・・・・というより、野ざらしでおかれていた。たが「ふん、興味ないね」と素通り。しかし、頭の中で何かが光った。

那須?戦争博物館?・・・・・・まさか!あの番組で出てたあそこか??



何処で見たか?というと、先日紹介した無料動画サイトGYAOでやってる「こちら!カタムキテレビ制作会社」の#04で登場した戦争博物館。時間があればぜひ、#04を見て欲しい。濃い・・・と言うか、なんというか、楽しい個性あふれるおぢいさんがいるのである。

あおのおぢいさんがいるはずだ。見てみたい。会話してみたい。そんな衝動に駆られて恐る恐る敷地内に入る。
DSCF0051.JPG
あ・・・怪しすぎるwww
事前の知識を持っていないと、かなり危険な臭いのする外観。しかも何処からとも無く軍歌が流れており、タイムスリップしてしまった感じすらする。




DSCF0052.JPG
でっかい大砲。
どうやって運んできたんだろうか。近くで見ると腐食が進んでいた。
若干前のめりの台座?におかれており、その先には受付らしい建物(肌色のプレハブ)がある。地震で押しつぶされないのだろうか?
大砲とプレハブの間にはラジカセが置いてあり、そこから軍歌が大音量で再生されていた。もちろん聞いたこと無いが、なぜか軍歌とわかる。

入場料いくらだろう?見た目汚い建物で無料?高くても500円くらいかな?と思い、受付建物に近づく。


誰もいない・・・・・・


普通に会話する程度の声で「すいませ〜ん」と一声。
聞こえるのは、道路を走る車の音と軍歌のみ。
誰もいないのかな?とプレハブをのぞくと・・・・・
DSCF0053.JPG
猫がいた。
最初剥製?と思うほど完全に無防備状態で寝ている。まさか猫が受付??。どっかの漫画みたいに水かぶると動物に変身とか?まさかねw


相変わらず人の気配は無い。建物内から物音もしない。少しはなれて全体を見渡しても人影もなし。嫌な悪寒。



再びプレハブに近づくとカレンダーを見つける。4月のままである・・・・
DSCF0054.JPG

今日は5月22日。

かなり放置状態っぽい。
まさか、ぢいさんエンド?・・・・まさかねーw
でも、時折臭ってくる何ともいえないくさい臭いが気になる・・・・



夕方日の沈む直前の薄暗い時刻とかだったら恐怖に耐えられなかったろうな。
暫く建物に立てかけてある板に書かれてある文字を読む。なんてかかれてたかは覚えてないが、内容はすべて戦争に関する事でした。




相変わらず人の気配はしない。
ん〜・・・・諦めて帰るか?と思ったが、あのぢいさんを一目みたいし、会話してみたいので、もう一度今度は少し大きめの声で「すいませ〜ん」といってみる。
すると背後から「バルルゥ」と変な声。振り向くと・・・・
DSCF0055.JPG
馬がいた。

ああ、くさい臭いはこれのせいか。馬の足元には馬糞が畳み一畳くらい埋まっている。近づいてみると結構でかい馬。しかも柵?が低いような気がした。馬が興奮したら飛び出そうだ。
馬小屋左には鉄馬・ロシア種と紹介されているジープがおいてあった。


10分か15分くらい過ぎたのかな?一向におぢいさん登場の気配は無い。てか人の気配すら無い。
敷地内に一台車があるから、先客がいるのだろう。そして展示品を紹介して回ってるとおもう。嗚呼・・・・俺も一緒に回りたかった。

場所は那須。東北道・那須ICを降りて県道17号を那須高原方面に走り県道21号と合流する手前右側に博物館はある。左にはコンビニ(確かファミマ)があるのでわかりやすいと思う。入場料は1000円。

おそらく、この施設は個人の物であろう。展示品も個人で集めてるもの、もしくは寄贈されたものが施設内に飾られてるのであろう。GYAOでは16000点以上の展示品があると聞いた覚えがある。良くある「xx記念館」とか、お堅い雰囲気でなく、個人で集めてる雰囲気漂う感じがいい。個人的には軍事関係の知識は全くと言って良いほど無いが一度見てみたい。
機会があればまたいってみよう。次こそはおぢいさんと一緒に博物館を見てみたい。


糸冬