〜三日坊主〜

三日で終わると思った日記です。

スピーカー掃除

スピーカー掃除


もう1セットはDS2000。

こちらのエッジは布っぽい素材のはずなんですが、そのかけらもないくらいガッチガチ。
プラスチックのよう(笑


絵具用筆で埃をふき取ってから、D102と同じように布にクレポリメイトを浸してとんとん。

最初は液がしみこまないような感じでしたが、しばらくおいとくとしっかりエッジに浸透。


購入後初のエッジのお手入れなので、数日間は毎日液を浸してとんとんの繰り返し。
何度か繰り返してウェットなツヤも出てきて、程よくやわらかくなってました。


私の耳では違いは判りませんが、きっと数値的には何か変わっていると思うと(笑

あとは定期的にエッジのお手入れをして、ウェットな状態を保って音質維持したいですね。
しかし、やり方はどうなんだろうと思う。

本来であればダンプ液というのを使うらしい。
クレポリメイトは素材保護と艶出し、汚れ落としもしてくれるのでいいのかな?



スピーカー掃除


年に一度くらいでしょうか、気が向くとスピーカーの掃除をします(笑
掃除といってもやわらかい布でふく程度でしたが、今回はエッジの部分のお手入れに挑戦。


よくはわかりませんが、スピーカー本体とウーハーの接続部分をエッジというらしい。
そっと触るとガチガチ状態。

この状態では低音に影響が出ているんじゃなかろうか。
新品時はウェットな感じでやわらかかったはず。
ということで、エッジのお手入れです。



で、うちには2セットのスピーカーがあります。
一つはONKYO D102でこちらはエッジの部分はゴムっぽ素材。

以前破損していたというやつです。
いいか悪いかわかりませんが、家にあったクレポリメイトを使用。
布にしみこませてとんとんとんとなじませる感じ。


次回のDS2000へと続く予定



狩り再始動

狩り再始動


再始動といっても、狩り時間は随分と減りました。
仕事は落ち着いたといっても相変わらず忙しい。
彼女が家にいるときはゲームしたくないし。



ということで平日で週1〜2日で時間は3〜5時間くらいでしょうか。
このペースじゃ次のLVアップは望めなさそうなので、熱も下がる。



気長にのんびり遊んでいきます。


アンプ掃除

アンプ掃除

最近オーディオネタ続きですみません。


アンプを2台持っています。
最初に買ったONKYOのA917Fのセレクターが勝手に切り替わるという怪奇現象がいやで、新しいアンプを買ったわけです。
で、A917Fは寝室で使っていました。

このたび、セレクターの不具合がまたひどくなってきたので、クリーニングに挑戦。

外回りのカバー外して、フロントパネルを外す。
セレクターの基盤がでてきましたが、どうすればいいかわからず(笑
ネットで調べてみると、このシリーズのアンプにはよくある事象のようでした。

ばらし方もあったので、参考にしつつばらして掃除。
以前かった接点回復剤を吹き付けただけにしちゃいましたが、十分改善。

セレクターの誤動作以外にもあった、左スピーカーからの音が出ない事象も改善して満足。



オークションで新しいアンプを買おうとも考えていたけど、買わずに済んでよかったよかった。



エッジが破損

スピーカーが破損していた

年末の掃除の際にスピーカーの手入れをした。
柔らかい布でふく程度なのですが、寝室のやつのウーハーのエッジに亀裂が。


ゴム素材なので、劣化が原因だろうか。
音的にはなんも問題もない気がするからそのままつかっています。

劣化防止にアーマーオイルでゴム部分を何度もふいて浸透させておいたけど効果あるかは不明。

オークション

ヤフオク
少しヤフオクをみてみましたが、思ったより安く買えそうにないですね。
ま、元の価格が10万近い状態なので、中古でもそれなりの値段になるのは仕方ないか。


ということで、スタンドは現状の素材のわからない金属製でがまん。




あとはインシュレータを探す。
探すもののやっぱり高い。

スピーカーの重量が30〜40キロなので、インシュレータもそれなりの物となる。
しょうがないので、代用品を探す。



調べていると、工具のネジ、いわゆるナットがいいらしい。
なるほどーと思っていると、車のホイールナットとかどうだろうと探すとよさげなのがあった。
でも、実物みないと安定感とかわからず。


不安だったので、ホームセンターで袋ナットを買ってそれですませて終了。

あーあ、ほしかったなスピーカースタンド。




がんばれDS2000

がんばれDS2000

先日の模様替えの目的はDS2000の音質の復活です。
というのも、スピーカーの前に座卓がありまして。
ウーハーは座卓で隠れて見えず(笑


これではせっかくの3wayも台無し。
音質の違和感は感じない気がするのではあります。
しかし、3WAYスピーカーにも関わらず見た目2WAYはいかがなものか。
ということで、座卓をスピーカの間を確保するのが目的でした。


今回の模様替えで目的は達成し、DS2000の音質がそれなりに回復したと思われます。
こうなると、前から購入意欲はあったが薄れていたスピーカースタンドの購入意欲が再燃。

ちなみに、今使っているスタンドはオフィスの床に配線するためのものを代用。
スピーカー自体が高価なので、スタンド自体も興味ない人から見ると馬鹿なの?という値段。

しかし、ダイアトーンは一度スピーカーの生産をやめてしまったらしい。
その影響でDSシリーズのスピーカースタンドはメーカーからの購入は不可能な状態かもしれない。

そもそも30年前のスピーカーなので、生産すらしていないだろうが(笑
ということで、ネットで検索するとオークションにでていた。
中古にも関わらず3万とか。たかいな。
この際別メーカーでもいいやと思い調べると、どれもそれなり。


今回望んでいるものは幅と奥行きはスピーカーサイズに違和感ない範囲で合わせるのを前提。
そこに高さを求めています。

ソファーに座った時の位置に合わせたいので、できれば30センチくらいがいいので、ヤフオクをみるのであった。



つづく。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別
最新コメント
  • ライブドアブログ